転職後

看護師が転職を実際にしてみて、ギャップを感じてしまったということも少なくありません。このギャップを良いものと見るか、悪いものと見るのかはその人次第です。では、転職後のギャップにはどのようなものがあるのでしょうか。
最も多く聞かれるのは、仕事内容が違ったという場合です。看護師という仕事の特性から全く違う仕事をさせられるということは少ないとは思いますが、そのレベルが違っていたと感じることはあるようです。例えばスキルアップをしたいと思い転職をしたのに、前職よりもレベルが低くやりがいがないと感じてしまう場合や、逆に思った以上にレベルが高くストレスを感じてしまうという場合です。続けていくこと自体が難しいとなってしまえば転職をするしかありませんが、レベルについてのギャップは、自分の考え方次第と言えるでしょう。レベルが低いことが問題であればダブルワークなどをしてレベルアップを狙っていっても良いですし、自分が管理職について職場自体を変えるということも目指せます。逆にレベルが高いところであれば、自分の成長の機会と捉えて努力をしてみるのもありかもしれません。他には、思っていたような職場の雰囲気でなかったような場合や、尊敬できる人がいない・少ないということもあるかもしれません。人間関係に関しては実際に入ってみなければ分からないことも多いですし、転職をしたからといって絶対に良い人間関係とは限りません。あくまで「仕事に集中する」と割り切ってしまうのも良いかもしれません。ただし給与や待遇についてのギャップについては、「初めの説明通りだったか」という点が大切です。契約を結ぶ段階で間違いはないのか、しっかりと確認をしておく必要があるでしょう。