訪問看護師とは

少子高齢化が叫ばれている日本社会の中で、「訪問看護師」のニーズが高まっていると言われています。「看護師 求人」を検索しただけでは分かりづらい、訪問看護師の仕事内容について、深く掘り下げてアプローチしてみようと思います。
訪問看護師は、看護師の一種であります。患者さんの住居に、看護師などが訪問し、患者さんの療養生活をサポートするお仕事です。資格としては、看護師の免許が必要です。また、訪問看護を行う病院、もしくは看護ステーションに所属する必要があります。
訪問看護自体が、まだ新しい分野の事業となりますので、その全容を知る人は少ないと思われます。看護ステーションを運営する側を調べてみると、病院などを経営する医療法人が運営管理している事業所もあれば、その他の様々な企業が運営を行う看護ステーションもあります。看護ステーションは、様々な母体の元、運営管理されています。
訪問看護は看護ステーションと契約を結んだ、患者さんの在宅ケアを行います。在宅ケアの内容は、患者さんの個々の症状などにもよりますので、様々な看護スキルや業務内容を求められます。医療関係者の中では、訪問看護にあたる看護師の資格として、臨床医学に数年間の実績がある必要があると述べる人々もいますが、新卒の看護師が、訪問看護師として勤務する事は実質的には可能です。「看護師 求人」にて、訪問看護師の求人検索を行うと、新卒者不可などといって記述はありませんが、看護面でも介護面でも広域の知識や技術を要求されます。訪問看護師がケアを行う患者さんは、病気や生涯のある、幼児から高齢者まで、訪問看護が必要な人々の身体的ケアから精神的なサポート、また、患者さんの日常を支えているご家族の心のケアなどに、多種多様なケアに取り組む事もあります。訪問看護ステーションには、看護師の他に、准看護師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、助産師などが所属する事ができます。