薬剤師のキャリアアップ

一口に薬剤師と言っても、実際にはいくつかの役職に分かれています。今回はその種類とスキルアップしていく為に必要な事をご紹介していこうと思います。まず薬剤師の役職として従業員の監督や医薬品の管理などを行う「管理薬剤師」というものがあります。この管理薬剤師には、薬剤師であれば別途資格を有していなくてもなることが可能な役職です。ただし、実際のところは3年以上の経験が求められるケースが多いようです。また、管理薬剤師としての経験を積んだのちに自身の薬局を開く人もいるようですね。病院に勤務する場合だと、後輩の薬剤師を指導する立場になったり・将来的には主任や薬局長といった全体を指揮する立場になったりとキャリアアップをしていくことも考えられます。また、病院の中で必要とされる薬剤師になるには、業務の中で携わる分野から自身の専門分野を持っておくという事も重要になってくるのではないでしょうか。病院・薬局等どこで働くにせよ、薬剤師というのはその生涯を通して勉強し続け、新しい知識や技術を身に着け続けていくことが必要不可欠と言っても過言ではないと思います。多くの団体・学会が約獅子の為の研修を設けています。日々の業務で経験を積み重ねていくことは勿論の事、研修を受けることで知識と技術を深めていきます。このように、一定期間に所定の研修を受けて成果を認定されると、「認定薬剤師」という資格を得ることが出来ます。これが分野に分かれていくつか存在しており、「漢方・生薬認定薬剤師」「がん薬物療法認定薬剤師」といった薬剤師の資格や、「栄養サポートチーム専門療法士」「日本糖尿病療法指導士」などの看護師や管理栄養士などの他職種と共通の認定制度を受けることも可能になっています。薬剤師という国家資格は、単に医療の分野だけに留まらず公衆衛生に関わる様々な分野でも必要な存在だと言えます。薬剤師であれば申請するだけで取得できる資格・試験の一部が免除される資格などもある為、活躍の幅を広げるのに有利になる点もあるといえるのではないでしょうか。他にも、公務員などの職務に就くにあたり薬剤師の資格が必須となる仕事もいくつかあるようです。