SNSを活用した採用

インターネットが普及したことで、採用活動の媒体の幅も広がってきました。最近多くの企業で利用されているものの一つに、「SNS」があります。SNSを上手く活用すれば、コストをあまり掛けずに優秀な人材を採用することに成功するのです。肝心の活用の仕方は企業ごとに大きく異なりますが、企業側の指示に留まらず、応募者の側からもその都度情報が送付される仕組みは、ソーシャルリクルーティングの最大の特徴と言ってよいでしょう。SNSは自社のブランド、企業理念、強みを思う存分アピールするのに適したツールです。優秀な人材にも見てもらえるように、頻繁に更新して投稿を繰り返す企業もあります。もちろん相応のリスクもあるのですが、正直に自社の価値観を伝えた方が、後々のミスマッチを予防するのに大変役立ちます。逆も然りです。応募者の情報をSNSから得ることで、彼の人間力や関心の対象を窺い知ることが出来ます。また、応募者が採用プロセスについて質問できる環境をSNSで作ることで、よりスムーズな選考を可能にします。SNSのメリットとしては他にも、非常に拡散力がある点を挙げられます。利用すれば応募者の幅が広がることが期待できるのです。他方、SNSのデメリットは採用活動が全体的に曖昧なものになることです。だらだらとコミュニケーションを図りながら、結局採用せずに終わることも珍しくありません。また、SNSの利用法自体は簡単なのですが、的確に運用できる会社でない限り、思わぬ失敗を招いてしまうこともあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です