定年寿命

日本で働き方について悩みをもつ人々の声を聞いてみますと、様々な「働くしくみ」の特徴が見え隠れしています。そのトップキーワードに出されるのが「年功序列」です。年功序列とは、皆さんはどのようなしくみと考えていますか?日本的経営を象徴するワードとなりますが、日本人の精神に根付き始めた時期は戦後と言われています。能力のある人ほど、この「年功序列」のシステムを避ける傾向があるようですが、日本の社会の中では、根強い組織体制となっている事は確かです。皆さんが身近に感じる年功序列とはどんなものでしょうか?年齢を重ねるごとに、労働者としての技術やノウハウが蓄積されるという前提で、高年齢の従業員は、より企業の業績を生み出すであろうと見込まれる事で、年功序列という仕組みが成り立っています。皆さんの意識の中では、どのようなシステムとして受け入れられているのでしょうか?年功序列が生む組織体制としては、同一の企業への勤続年数の増減が、獲得できる賃金への影響となる為、従業員としては安定した雇用を好む傾向が出てきます。ですが、現実的にはどうでしょう?競って有名大学に入り、皆がうらやむ大企業へ就職し、平社員から管理職へと順を追ってステップアップを重ね、住宅ローンを払い終える頃に定年をむかえリタイアしていく、そんな人生を歩みたいと考える人は少数化と考えられています。職業人生の多様化が進み、人生のポイント、ポイントで、「転職」を考える人々が増加傾向にあるようです。こういった背景には、定年後の平均寿命もとい、健康寿命が延びている事も考えられます。会社を定年し、働く事から遠ざかるべき人々が、まだまだ働く意欲があったり、または、働かなければ、生活をしていけなくなってしまうような現実が待ち構えていたりするのです。そういった現実を知ってしまった人々が、ぬくぬくと年功序列の組織体制の中で、定年を待ちながら職業人生を全うするでしょうか?自身の能力の価値の分かる人ほど「転職」という形で、自身の年齢に見合った働く場を探し、働く意欲をキャリアチェンジという形で、人生の設計図として描き変え道を切り開いています。高度成長期を迎えた戦後から、それ以前の戦前にまでさかのぼると、日本人の働き方への意識は、様々な傾向が見受けられます。どの時代も道を切り開いているのは、皆さん個人の考えです。年功序列を全うした働き方を好む人もいれば、転職を重ねキャリアデザインを独自に思い描いていく人々もいます。働き方に悩んだ時は、右へならえではなく、皆さんの意志にならいましょう。そこが、原動力の原点です。働く事のできる寿命は、定年寿命とは異なりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です