労働ボケ

2019年4月より順次施行される「働き方改革」について、職場での会話の中でも随時、トピックとして上がる場面が増えてきたのではないでしょうか?その中で、大きく扱われるテーマはどんな事があがっていますか?私自身の周辺で、話し合われる事が多い内容といいますと、「労働者不足」と「生産性」です。今後、日本国内の「労働者不足」を補う為に、「外国人労働者」の受け入れ幅を広げるという問題提議が多く話題にあがっているように感じます。今後、就活や転職などで外国の人々と採用面接を受けるような機会も増える可能性もできたと言えまずが、彼らのハングリー精神に、実際に私たち日本人が勝てるのだろうかと頭を抱えてしまうことも増えているのも確かでしょう。現在のとことろ、外国人労働者の受け入れは、単純労働者とう枠組みで、建設業、宿泊業、農業、造船業、介護業などといった限られた分野での取り組みとされています。特定の技能評価試験をクリアすれば、最長5年、就労資格を得られる事になるそうなのです。以前、語学留学として日本に学びに来ていたベトナム人が、研修という形で職場を共にした事がありました。彼らの学ぶスピードは、私達の倍速のように感じられるのではないでしょうか。もしかしたらそれ以上と言えるかもしれません。仕事の業務も付随する日本語も、とてつもないスピードで修得し、簡単な作業であれば、一人前と呼べるに等しいような働きぶりと言えるでしょう。このような人々が、5年の歳月の中で、様々な技術や能力を修得し、5年の歳月の後、新たに就労資格を得た場合、どのような有能な人材として、社会に受け入れられていくのだろうかと想像しています。転職市場や再就職求人に、そのような有能な人々が入り込んでくるとなると、日本人労働者も迂闊にはいられないはずです。自分のポジションを受け渡す事になり兼ねません。働き方改革によって、個人的な働く意味を問う人も増えてきていると聞きます。良い機会なので、自分自身にとっての働く意味を考えてみるのも良いのではないでしょうか。労働ボケしている日本人は意外と多いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です