年功序列と同一労働同一賃金

年功序列という組織体制は、日本の特色をよく表わしていると考えられます。海外では、年功序列的な組織体制が、平等な報酬を生み出さないという考えがある基盤があるようです。年功序列的な賃金システムは、労働者のやる気を失う事で、生産性を低下させてしまうという事で、年功序列的な体制が廃止されるムーブメントもあるそうです。そこには年功序列賃金に対して、不平等、差別、非生産性という考え方が主軸として置かれているのではないでしょうか。では、年功序列賃金に関するデメリットを見てみましょう。
●不平等…同じ能力がるにも関わらず、転職をしてきた為に勤続年数が低く、その理由だけで、賃金が低い条件で働かなくてはならない。
●差別…女性が、出産や介護で一旦職場を離れ再就職した際に、就労年数が短いと判断され、賃金を低く設定される。
●非生産性…個人の能力を開発し生産性を高める事に、賃金や報酬額が比例しずらいシステム
以上のような例が挙げられるのではないでしょうか。
こういったことから、「年功序列」に対して、日本国内で新たな祖引き体制として組み込まれているのが、「同一労働同一賃金」という考え方でしょう。「同一労働同一賃金」とは、同じ仕事内容である場合、誰もが同じ賃金であるという考え方で、これは、海外ではいち早く取り入れられた組織体制の仕組みですが、現代の日本に根付くには、もう少し猶予が必要な状況でしょう。職場の現場で能力が評価されるという組織体制においては、一個人が転職や再就職がしやすく、個人のライフスタイルに基づいた職探しが可能な社会になることが期待されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です