キャリア相談

キャリア支援センターで、求職者から受けた相談集をまとめてみました。

大学の卒業までに、内定をもらえたのが、ブラック企業と言われているA社のみでした。既卒者となるか、このまま内定をもらえたA社に入社して、数年で転職をするか考えています。留年をする計画もありますが、これ以上は学費の面で、親に迷惑を掛けたくないのが本音です。自分は、既卒者となって、アルバイトで経験を積みながら、就職活動を行う事が、一番の希望なのですが?という相談を卒業間近の学生から受けました。

なかなか、悩みどころではありますね。この場合、選択肢が3つほどあげられています。
どれも、進路としては、間違いではありません。まずは、家庭環境や経済事情を自立した社会人の目線から考える必要があります。

●ブラック企業に入社し、数年後に転職
社会人としてのベースをブラック企業で学ぶのだという事を理解した上で選択するのであれば、入社後数年での転職は有りと言えるかもしれません。ですが相当な覚悟が必要とも言えます。

●既卒者として、アルバイトをしながら就職活動
卒業後、アルバイトをしながら就職活動をする場合、3年以内が望ましいです。卒業後、3年以内であれば、新卒枠での受け入れが可能となる選考もありますが、新卒から比較すると狭き門と言われています。

●留年をしながら、新卒者として就職活動
留年をする場合は、両親から学費面で資金援助を受ける予定のようですが、1年分の学費はのちに返済が必要なのかどうかの話し合いが必要です。

自分のキャリアは、自分が切り開くものです。まずは、長期的な自分のキャリアを考え直しましょう。どのような方向性をもってキャリアを積み上げていきたいのかを整理し直し、最適な社会人としての入口をみつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です