求人広告について学ぼう

 好景気が日本社会を覆うことは望ましいことですが、人やお金の移動が激しくなると、齎されるのは活気だけではありません。会社の採用担当者の悩みも増えてしまいます。特に中小企業の経営者であれば、人材を欲しているのに採用選考に応募してくれる人が少ないことを、苦々しく感じていらっしゃると思います。例えば建設業界では他の業界と同様、インターネットに求人広告を掲載しています。不景気の頃は中小の建設業者にも80名前後の応募者が殺到しましたが、今では数名程度しか応募していません。もちろん労働条件や給与の額、諸待遇は変わっていません。景気の波が変わった途端、求人のハードルが急に上がってしまったのです。
 建築業界に限らず、どの業界も同様の状況にあります。人材不足という悩みは大企業にもありますが、特に中小企業にとっては死活問題とも言うべきものです。人材を確保できなければ、経営そのものが回らなくなってしまうからです。しかし、どんな中小企業でも工夫を凝らすことで、優秀な人材を入社させることが出来るのです。求人広告はアイデアとノウハウが求められる領域であり、優れた求人広告は多数の応募者を誘い込みます。
優秀な人材は大企業に向かいがちですが、日本の企業の99.7%は中小企業です。中小企業が生み出しているサービス、技術、製品が日本の経済を下支えしているにもかかわらず、好景気の恩恵に与るのは大企業ばかりという有様は嘆かわしいことです。しかし嘆いていても始まりません。中小企業が次々と倒れてしまうような状況に陥れば、好景気は頓挫してしまいます。今後も好景気を持続させるためには、中小企業が意欲的に貢献する他ないのです。ですからまずは優秀な人材を確保することで、滑落しないような基盤固めを講じましょう。求人広告はその一助となるはずなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です