ハローワークを利用する求人方法

前回お話しした求人方法でも有効なのがハローワークを利用する方法です。ハローワークとは、大体ご存じかと思いますが職業紹介事業を行っている組織のことです。他の職業紹介所と大きな違いは、厚生労働省が運営しているという点です。ハローワークはもちろん、これから働こうと思っている人、また転職している人たちにとっても重要ですが、求人を出す企業としても重要な場所です。
 まず、企業がハローワークに求人を出す際の費用は無料となっています。そのため、採用する費用がほぼないということが利点の一つに挙げられます。そしてもう一つの利点というのは、助成金が出ることがあるという点です。助成金というのは、国や自治体が推奨している政策と合った活動をしている企業に、その政策の実施主からそれに対して送る予算のことです。つまり、ハローワークは厚生労働省、国が運営しているため、そこに適した条件を満たして申し込めば助成金がもらえるのです。例えば、助成金には、派遣社員や期間付きの契約社員などの非正規雇用労働者と呼ばれる人たちを正社員に取り立てることによってもらえるものなどがあります。
 欠点といえば、求人の申し込みの後からハローワーク側の審査もあるので若干手間がかかってしまうことがあること、そして、人材の年齢が、やはり学生たちと比べると高くなりがちな傾向があるということです。求人にそこまでコストをかけたくないという企業にお勧めですが、助成金目当ての企業は、条件を満たしていて申請も期間中に済ませたとしても、助成金が企業に届くまでに時間がかかるということは留意しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です