専門学校や大学を利用する求人方法

一言で求人と言ってもいろいろなやり方があるのはご存じでしょう。実際、多数の求人のやり方が今現在存在していますが、自分たちの企業にとってどの求人のやり方がいいのかということは、はじめは分からないものです。ここでは、それぞれの求人のやり方の特徴を整理していきますので、自分の企業にあった求人方法を知っていきましょう。
 まず一つ目は、大学や専門学校に求人情報を送って、学生の目がつきやすいようにしてもらうという方法です。パンフレットなどを見てもらうことで学生たちに自分たちの企業の情報を知ってもらいます。大学や専門学校はいくつもあり、それぞれによって申し込みのやり方も違うことは注意が必要です。この方法の利点は、比較的に採用するときの費用を抑えやすいということ、また、学生が見るので若い人材が期待できるということ、そして、その専門学校の専門分野や大学の学部から、その学校の学生が何を得意なのかわかりやすいということがあげられます。逆に欠点は何かというと、他の方法だと求人の申し込みは一回で済むケースが多いのに対して、いろいろな学校に申し込む場合はその都度申し込まなくてはなりませんし、その申し込みの仕方も学校毎に違うことが多いということ、また、実際に学生が求人情報を見て面接や説明会に来てくれるかというのはそのときになってみないとわかりにくいということです。
 以上のことから、この方法に関しては、新卒学生に入社してほしいという企業や、専門分野の知識が必要・欲しているような企業がよく行う方法です。また、中小企業の場合ですと、地域密着性などを推している場合、地元の学校に求人の申し込みをしていると効果を発揮することがあるようなのでおすすめかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です