中途採用と新卒採用の違いとは

まずは、中途採用向けにはどのような広告を出していけば効果的かをみていきましょう。

中途採用に的を絞った広告を作ることは次の2つのメリットがあります。 1つは、転職者が活かせる仕事の経験やスキルを明確にできること。 2つ目は、優秀な人材に対して「ぜひともこの会社に転職したい」と、思えるような動機づけを行うことができることです。

たとえば、2つ目のメリットに対しての具体例を挙げると、ある優秀なエンジニアが、現在働いている職場に対して長時間残業が悩みであるという不満を抱えているとします。すると、このえは、エンジニアは残業時聞が少ないことをうたった求人広告を目にすることで、今まで考えたことがなかった転職という選択肢について考え始めるかもしれません。

つまりターゲットを絞ることにより、広告が転職希望者の心に刺さりやすくなるだけでなく、これまで転職を考えていなかった優秀な人材までが転職に向けて動くという可能性がうまれるのです。

次に、新卒を対象にする場合の広告は、まだ応募者が仕事のイロハや社会の仕組みについても全く知らないので、具体的な仕事について触れても理解できません。

新卒に対しては、具体的な業務内容や必要スキルを記載するよりも夢を見させるような広告が適しているのです。

このような基本を理解しないままに、中途と新卒の両方をターゲットとした広告を作成しても、中途と新卒のどちらの心にも響かない中途半端なものとなる恐れがあります。中途採用と新卒採用、それぞれターゲットを明確にした求人広告を作ることが必要なのです。

次に採用にかかる期間の違いについてみていきましょう。

一般的に中途採用は短期戦、新卒採用は長期戦であると言われています。中途採用の場合は、基本的に広告を出してから面接を経て採用に至るまで2~3カ月ほどの期間を考えておけば良いでしょう。ですから、即戦力の人材が欲しい場合や、半年後に辞める人の穴埋めにという場合は、中途採用で採用するというケースが多くなります。

一方、新卒採用の場合は、その年度の就職解禁日に合わせて広告を作成していくことになります。就職活動の解禁から学生によるエントリー、説明会、面接・就職試験を経て内定となりますが、約半年から10カ月程度の長期にわたり採用活動を展開していくことになります。

また、新卒の場合は、就職解禁に先がけて、インターンシップを行う企業が増えてきており、その期間も含めると新卒採用にかかる期間はさらに長くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です