どのような求人広告を出すべきなのか

中堅・中小企業が良い人材を獲得するために欠かせないものが良い求人広告を出すことです。つまり、「広告の良し悪しが人材採用の成否を決める」ということです。

良い広告は人を呼ぶことができます。1人でも多くの人を集めるのが広告の役目だが、応募者1人の面接と、応募者 10人の面接を想定すると、やはり会社の命運を託す社員を選ぶためには、1人でも多くの応募者の中から 最適な人物を選びたいものでしょう。しかし、求人広告を出しても応募者が十分に集まらないのが現状です。

また、少子化が進む日本では、今後10年の間に若者の人口が1割減少すると言われています。今でさえ採用しづらいのに、近い将来、もっと採用が大変になってしまうのです。

その時になって焦っても仕方がないので、中堅・中小企業としては、今のうちから徐々にでも更なる人材採用難に備えて、自社の使用体勢、広告の出し方等を見直しておく必要があるでしょう。

中途採用と新卒採用では、広告の出し方や採用方法が異なります。

採用というのは、他社や他業種から転職してくる、社会人を既に経験している人を対象とした「中途採用」と、 大学や専門学校を出て初めて就職する人を対象とした「新卒採用」の2種類に分けて考える必要があります。 新しく人を採用する際に、誰でもできるような業務内容であれば、人材の前職の経験やキャリア等は問わないため、中途や新卒といった区分けは必要ありません。応募してくれる人の中から、会社の風潮に合う人を選べば問題ないでしょう。

しかし、会社が、優秀な人材が欲しいとなれば、中途と新卒に分けた人材広告を展開していく必要があります。 なぜなら、中途採用でも新卒採用でも、応募者に合わせた内容で広告を作成する必要があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です