求人広告の上手な出し方

企業が、求人広告を出そうと考えたときには、どのような行動をとるだろうか。おそらく多くの企業の経営者は、求人広告会社に連絡することであろう。求人広告会社の営業担当は連絡をもらったら、喜び勇んで発注企業へやってくるであろう 。求人広告会社の営業の頭の中は、この時、どうなっているのであろうか。求人広告会社の営業担当の頭の中を、ちょっと覗いてみると、ホップ・ステップ・ジャンプ、というような3段階の思考が働いているようである。求人広告営業活動を始めて以来、少なくとも、このステップを踏んで企画の提案をしてきたようだ。

仕事として求人広告会社の営業担当の、一般的な思考の手順について説明することにする。求人広告会社の営業担当は、このホップ・ステップ・ジャンプ、という広告についての話をしながら、頭の中では中途採用の必勝法として、どの媒体を選ぶのか。ネットなのか人材紹介なのか、紙面(新聞社、求人雑誌)なのか(ホップ)、この業種でこの人材募集なら、この媒体がベストだ、と考えたうえで、最適な媒体を企業に勧めることがいいのである。

広告を出す時期はいつがいいのか(ステップ)。求人広告を出すにもタイミングを要する。いい人材を確保するためにも、いつ出すのがベストなのか。ぎりぎりでの依頼よりも、余裕をもって計画的に取り組むほうがいいのではないだろうか。

求人広告をどう出すのがいいのか、内容をどうすべきか(ジャンプ)。ここは特に欲しい人材情報や、会社の業務内容を提示する段階である。広告の個性やデザイン性、センスが発揮できる部分である、というように考えられる。また、広告をどの大きさで出すのか、大きく目立たせるのか、小さくてもインパクトあるもので目を引くのか、といった判断が重要である。など、求人広告会社の営業担当の頭の中の思考パターンはこんなふうなのだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です