二次情報である面接時に応募者に伝える情報とは

二次情報は、面接時に応募者に伝わる情報のことである。一次情報の広告と異なり、二次情報は、会話による音声なども含まれるので、応募者にとっては大きな情報源となるだろう。

応募者側からみて具体的には、会社の雰囲気や社屋の清潔さ、面接で接した社長や人事採用担当者の様子、面接時の質疑応答。これらの情報を応募者は自らの目や耳で得たり、疑問点を直接、確かめることができる。

企業側にとっても、応募者がどのような人柄で、質疑応への対応、どんな点に興味を持っているか見きわめる材料とすることができる。

社内のコミュニケーションについて質問する応募者は、前の会社で人間関係に苦労したのかな、という推測ができるし、給料について詳しく聞く応募者は、お金のことで苦労しているのかもしれない。

なお、企業側が二次情報を出す際に、注意すべき点がひとつある。それは、当然ではあるが、面接に来ている応募者全員が入社するわけではない。ということである。であるから、社外に出してはまずい情報は、ここでは出さないことが、当然、重要なところである。

多くの制作会社は求人サイトの正しい構造を、明確に理解していないところが多い。不適切な構造になっている求人サイトは、求職者にとって使いづらいだけでなく、様々な検索エンジンにも評価されないため、検索順位が上がらない。だから求職者にサイトを見てもらえる機会が少ない。

しかし、求人サイトのそれぞれのページで、適切なレイアウト・適切な機能の実装を行うことで、求人応募率をアップさせることができる。そのためには、自社で十分な情報を提供したり、自ら議論し合って求人サイトに提供すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です