雇用形態をわかりやすく伝える

正社員として安定した雇用を第一に望んでいる人だけでなく、勤務時間との兼ね合いで敢えてパートやアルバイトを希望している人まで求職者には様々な人がいます。

仮に有期の雇用契約でも仕事内容や待遇、勤務地などの条件が合致すれば応募してくる人もいますので、もし正社員として採用することが不確実であってもその旨を正しく伝えることが大切です。
正社員雇用に期待をした応募者が集まった場合など採用の際にリスクが高くなってしまいます。

 

募集を掛けるうえで契約形態の違いを正しく理解することも必要です。
契約形態の基本としてまず、正社員とは雇用期間の定めがなく、就業規則の定年まで働ける雇用契約のことであるということ、契約社員とは期限を定めた雇用契約であることなどを頭に入れておきましょう。

気を付けなければいけないのは業務委託・代理店募集の場合は、雇用契約と混同されてしまわないようにすることです。
なぜかというと業務委託や代理店の場合は労働関連の法律や社会保険の適用を受けないので、間違いがあると問題が大きくなるリスクが高いからです。
誤解を起こさせることが無いためにも、正確な求人広告を出す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です