分かり易い表記の重要度

求職者は数多くの求人広告の中から自分に合う職場を探し出す必要があるため、広告の表記を見て、「よくわからない」と思ったり「自分の探している職種と違う」と思われてしまうと、多くは読み飛ばされてしまいます。
そのため、職種名は分かり易く、一般に浸透しているものが良いと思われます。

 

また業種を問わず募集がある「事務」や「営業」といったものは実務内容などはその会社ごとに多種多様であり、具体的な内容について記載しなければ何もわからないのと同じです。
これは分かりづらい職種名であるときも同じで、つまり、大事なことは主業務や役割を具体的に記載することです。

 

配属予定の勤務地についても正確に記載しましょう。

例えば、実際に求人ニーズがあるのは一部店舗であるのに、勤務地として全国の店舗を表記していたというような場合も、求職者には「地元の店舗で働きたい」などといった意志があったりするとミスマッチが発生してしまいます。

 

ミスマッチはどの項目でも起こり得るので、勤務地や条件などについても具体的に表記し、職種名や実務内容には主観的な表現を廃し、つとめて客観的に表記しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です