スピード感を持って丁寧な対応を

応募者への対応は、スピードが大事です。
応募から面接までの時間が短かければ短いほど、面接に来てもらえる可能性は上がると言われています。

対応が遅いと、応募者が他の企業に集中がいってしまい、応募を辞退してしまう可能性があります。

 

特にWebからの応募には、素早く対応することが必要です。
多くの場合、応募者はいくつも応募しているため、早く連絡が来たところから受ける、ということが一般的になっています。

応募があった場合は、その週での面接を心がけ、候補日はなるべく多めに提案してみましょう。
候補日が多ければ、スケジュール不足で会えないという場面を減らすことができます。

 

面接が決まった場合は、キャンセルが出ないように、面接の前日や当日にメールを入れるのもよいでしょう。
これにより自分のために準備をしてくれていると感じさせることができます。
その結果、キャンセルの減少につなげることができるでしょう。

ただ単に日時を思い出してもらうのではなく、応募者に対して真剣さが伝われば、会社に対して好印象を持ってもらうことができ、「一緒に働いてみたい」と考えてくれるでしょう。

 

スピード感をもって丁寧な対応をして、より良い採用活動を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です