4.簡潔で正確な表現を

ときには、加えることよりも、削ることが重要な場合もあります。

仕事内容には、簡潔でありながら、詳細情報がしっかり書かれていることが重要です。
なぜなら仕事内容の掲載に何ページも費やしてしまうと、求職者が読むのをためらってしまいかねないからです。
ある程度は要点を絞って短く簡潔にというのを心がける必要があります。

そして当然、嘘や誇張はいけません。
就職後などにトラブルにならないよう、正確な表現にすることも大切です。

 

記載内容には、仕事の内容や職場の雰囲気を詳細に記載することが好ましいです。
ですが企業の宣伝や求人に関係ない内容を記載し過ぎて仕事内容の項目を長くすることは避けましょう。

特に職種は簡潔に書くことが好ましいです。
長すぎると、スマホのページなどですべて表示されない場合があります。

 

ターゲットを絞った職種名は一般的な職種名よりも効果的です。
職種の役割を的確に説明するフレーズを盛り込みましょう。
求人広告の検索で見つかりやすくようにするために、ツールを使ってよく利用されている職種の名前を探してみることをおすすめします。

表現方法などに気を付けながら、より良い求人広告を作りましょう。