3.情報共有の重要性

求人情報の原稿を書く際、必要だと思われる情報をできる限り盛り込んでおくことが重要です。
情報を盛り込むことで問い合わせへ対応する手間が省けますし、情報内容によっては求職者を惹きつけることが可能となります。

 

例えば、仕事内容と合わせて、求職者にあなたの会社の雰囲気が伝わるような文言を織り込むのが有効だといわれています。具体的には経営理念や福利厚生、業界での受賞歴などです。

求職者の中にはこれらの点を重視している方が多い傾向にあるため、インパクトを与えやすいようです。
良い意味でのインパクトは、その求人に応募するかを決める重要なポイントとなるでしょう。

 

どんな企業でも、絶対に何らかの特徴を持っているはずです。
例えば「就業時間が特徴的」など、些細なことでも挙げてみましょう。

そのような組織の特徴を仕事内容に盛り込むことで、求人を見た求職者が実際にあなたの会社で働いた時を思い浮かべやすくなるでしょう。

<例>
○○○チームは、弊社の営業活動を支えています。全員が、様々な異なる業種・業界から集まってきていることが特徴的です。私たちのチームは、在籍している営業の方たちを支えています。お客様を第一に考えながら、常に営業の方に寄り添ってサポートをしています。現場に呼ばれた際には、すぐに駆け付けることも特徴です。おかげさまで、業界の中でも高い営業力を持っている会社だと言われています。

 

このように、実際に働いている様子をイメージできるような文章を考えることが大事です。