1.わかりやすく誇張せずに書く

求人情報の原稿を作成する際、一般的でない言葉(略称や専門用語など)はなるべく避け、わかりやすい言葉を選ぶことをおすすめします。
職種内容を伝えることはもちろん、求職者があなたの求人を見つけられるような文言を使うことも重要でしょう。

企業によっては、その企業ならではの職種名になっていることも多いです。
そういった場合には、一般的に使われている職種名を使うのがよいとされています。
その方が、職務内容も伝わりやすいでしょう。

 

職務を誇張したり、控えめに記載することも避けましょう。
たまにその職務が素晴らしいということと宣伝しようとするあまり、内容を大げさにしてしまう広告があります。
その広告に惹かれる人はいるとは思いますが、後になって裏目に出ることがあります。

 

また記載された職種の業務だけでなく、他の業務も行うことがある場合には確実に記載しましょう。
記載されていない場合、ほしい人材とは異なるタイプの方の応募が増えてしまったり、応募者に就職後「事前のイメージと違う」などと思われて離職に繋がってしまったりなども考えられます。

 

求職者が働くイメージがしやすいように、文章を考えて見ましょう。