結果に繋がる求人採用原稿の作り方

 

必要とする人材となり得る真剣な応募者を集めるには、求人を出す会社側の姿勢も大切です。

大勢のお客様や取引先に自社をPRすることが目的の宣伝広告とはまた違いますが、主に求人広告を見る求職者もその求人広告を一字一句真剣に見ています。
こういった求職者は時間や場所が変わると、1人の消費者や利用者であったり、はたまた取引先の関係者である、何てことも考えられるのです。
たとえその時に応募に結びつかなくても広告を見た際に、会社の勢いや良い印象を感じ取ってもらうことは、PR戦略のうえでも大切でしょう。

 

実際に求人広告からは経営姿勢や人材の扱い方も読み取れるもので、特に真剣に応募を考えている応募者ほどきちんとした会社なのか、働く人を大切にしているのかということを求人広告からも読み取ろうとしています。

ただしそれは裏を返すと、応募者に悪い印象を残すと、それもまた深く刻み込まれてしまうということです。

特に昨今では応募者同士でインターネット上での企業の情報交換なども頻繁に行われていますから、良くない情報がインターネット上に流布されるリスクもあります。
求人広告には会社のイメージを良くも悪くも左右できる力を持っているということをしっかりと胸に刻み、くれぐれも自社の名前に傷をつけるような広告になってしまわないように気を付けましょう。

 

良い求人広告の構成要素

良い求人広告とは何でしょう、と聞かれたら皆さんは何と答えるでしょうか?
皆さんはおそらく、良い応募者が集まる広告であると答えるのではないでしょうか。

これは言うまでもないことなのですが、あえてより詳しく説明すれば、「良い求人広告」とは「良い人材」を採用するために、その候補である「良い候補者」が集まる広告のことであるということです。
つまり、どんな人材をどんな条件で募集している のかといったことを、どれだけ的確に応募者に伝えられるかが求人広告のポイントなのです。

詳しいことは面接で話せばいいか、と大雑把な求人広告を出してしまうと、そのあいまいな部分が、応募者の憶測や誤解を増やし、ピント外れの応募者を多く集めることになってしまうわけです。

 

求人広告にある記載項目のうちの、たった1項目でも、「どこまで・どう書くか」ということで問い合わせや応募の状況にはかなりの差が生じます。

そういった問い合わせに対する対応や、面接時に口頭で説明しなければいけない項目が増えると、その分採用選考に余分な手間や時間がかかり負担が増えていきます。
さらに面接で説明を聞いたらイメージしていた条件と違うことが分かり、内定を辞退されるなどのケースも想定されます。
もっと悪い場合は、採用段階で説明が抜けていたり、誤解をしていることに気づかずに採用・入社となった場合、その後にトラブルが起きてしまったり、それが原因で短期で退職してしまったり・・・・・・大きな損失につながる可能性があります。

募集の段階で求人広告に的確な情報を載せておくことは、応募者のためだけでなく、自社の損失を回避するためにも有効であると言えます。